借り入れ 在籍確認なし

個人再生について|在籍確認なしの借り入れ

個人再生って何?

借金返済の手段としてとられることの多い債務整理、その中で個人再生は裁判所に認めてもらうことで残りの債務を最大1/5までに減額してもらい、残りを3〜5年かけて支払っていく制度です。
住宅ローン以外の債務が5千万円以下で、将来的に安定した収入があると認められることが条件です。
自己破産と違う点は住宅ローンが残っていても住宅を手放す必要がないことであり、住宅を手放したくない人が選択する手段です。

 

また個人再生が成立すると債権者からの取り立てはストップします。
一方で個人再生をすると最大で10年程ブラックリストに掲載され、その間は新しくキャッシングすることはできません。
万が一、残りの債務を返済できなくなってしまった場合に最終的には自己破産の手段を取らなければならない可能性もあります。

 

個人再生の手続きは大変難しく個人で行うのは無理だと言われていますので、弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

 

>>借り入れ【電話の在籍確認なし】勤務先にばれない消費者金融はここに戻る